去年あった良い事も悪い事もリセットして、今年を頑張って生きましょうぜ。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から数えて…アレ、ちょ、何年前だっけ?確か出たのが94年だから…え、12年も前なの!?
2006年04月19日 (水) | 編集 |
久しぶりにゲームの話でもしましょう。
「いや、いいよ別に」とか言われてもします。絶対に。
何故急にゲームの話をするかと問われたら、
明日はいよいよ『MOTHER3』の発売日だからです。
めでたい、これは実にめでたいよ、本当にめでたい。
盆と暮と正月と結婚式と卒業式と内定と三連単と気になるアイツからのメールが同時に来るくらいめでたいですよ。

思えばもう12年前になりますか、『MOTHER2~ギーグの逆襲~』が発売されたのは。
当時の僕はファミコンで出ていた『1』を知りませんでしたが、
某大作RPGを模倣したようなゲームの氾濫に飽き飽きしていました。
そんな中、当時の愛読書であるファミリーコンピューターマガジン略してファミマガを読んでいると、
明らかに今まで僕の知っていたRPGとは異なるゲーム情報が目に飛び込んできました。
今までのRPGの主人公と言ったら、
兜と鎧を装備したり伝説の勇者だったり果てはその子孫だったりが普通だったわけです。
しかしこのゲームの主人公は、
『一見どこにでもいそうな少年』『武器はバット』『PSI(超能力。ゲーム中では魔法的なモノ)が使える』
などと、もう度肝を抜けれまくったものです。
敵キャラもね、どこか憎めない愉快なキャラばかりなんです。
『にくいカラス』とか『むこうみずなナメクジ』とか『かいりきベア』なんて普通考え付きませんよ。

そして何より秀逸だったのは音楽。
激しい自己主張があるわけでもなく、
かといって無いと物語が完全に楽しめない。
どこか懐かしく、温かみのあるメロディーもあれば、
場面とあいまって思わず涙が溢れるような曲もありました。
当時CDプレーヤーと言うものをイマイチ理解できていないチビッ子が、
お小遣いを貯めてサントラを買うほどステキな曲が沢山詰まってました。
ちなみに、今も持ってたりします。あと小説も。

そんなゲームの続編が発売されるわけですよ。
この12年で『64で発売される』とか『それが中止になる』とか『何とか完成のメドがついた』とか、
ほんの小さな情報だけで一喜一憂してきたものですよ。
それがやっと、明日、この世に産み落とされるわけですよ。
今作では一体どんな冒険が、そして感動が待ち受けているのか?
そして前作に出た『どせいさん』ばりのステキキャラは登場するのか?
もうワクワクは止まりません。ロマンティックも止まりません。
まあAmazonで予約したから手元に来るのは明後日なんですがね。チッ。

さて、正直古いとは思いますが、あえてあのキャッチコピーで締めましょうか。


『おとなも、こどもも、おねーさんも。』


ちなみに、ゲームボーイミクロ同梱版で買いました。
18.260円(送料込み)でした。
後悔はしてません。
『DS持ってるのに買うなんて頭悪いんじゃないの?』
とか言う奴は僕から『SMAAAAAAAASH!!!』を3億回ほどプレゼントします。
勿論、バットで。
正直業界の手のひらの上で踊ってる感はものっそいありますけどね。
所詮機械の言う事だから。信じないから。俺認めないから(後半涙声)
2006年02月02日 (木) | 編集 |
いやはや参りました。

某松嶋奈々子すゎんがCMに出てらっしゃる、

あのゲームを昨日買ってみたんですよ。

正直、なめてましたよ、ええ。

「奈々子すゎん、脳年齢52歳はねーべやーw」とか

「俺多分年相応の年齢になるはずだって。やれば出来る子だもの」とか

「川島教授ポリゴン顔が若干キモイな」とか思ってたんですが

記念すべき第一回の測定結果は…

「45歳です」

…。

涙が出そうになりました。

僕の脳はこの年でグズグズになっているようです。

しかし、諦めるにはまだ早いのです。え、なぜかって?

脳年齢はトレーニングを積む事で若返りが可能なのですよ奥さん!!!

実際、さっきやったら24歳まで若返ってましたしね。

これからは脳を極限まで若返らせようと思います。

これもサル要素満載。気づけばずっと計算問題してたり。

これを読んでるアナタ、気をつけて下さい。

脳って結構、グズグズになりやすいですよ?
「…。」「…。」「…っし、ちょい縮まったか」「…。」「…。」「…チッ(ミスした為リスタート)」「…。」(←を延々繰り返す)
2006年01月30日 (月) | 編集 |
ついに買いましたよ。

これを。

20060130102343.jpg


ニンテンドーDSを。

J弥君から「○ムスに売ってたよ」というありがたいタレコミを受け、即買いに行きました。

ソフトは小一時間悩んだ挙げ句、マリオカートDSに。

これがもうすんごい。ふんごい。

はっきり言ってキチガイのサル状態です。ある意味『○スカ○ザル』です。

○の中がわからないので知りたい人は誰かに聞いて下さい。

知った後に後悔しても俺は一切責任を取らないのでそのつもりで。

しかし、思えばSFCを買った時もGBAを買った時も、

例外無くマリオカートに夢中になっておりました。

『俺+マリオカート=サル』という公式は十何年も前から確立されていたわけですね。

コンマ一秒早くなるだけで、何でアドレナリンが分泌されまくるのか。

バイト明けなのに眠れません。

誰か助けて下さい。
○○(作品名)が欲しかったのに売り切れだったから▲▲買ったら意外と面白かった、みたいな事あるでしょ?
2006年01月18日 (水) | 編集 |
miya君もここに書いてくれた通り、
DSは完全に品薄状態のようです。
J弥君からメールで教えてもらった売ってそうな店にも聞いてみたのに、
DSは完全に品切状態のようです。

ヤフオクでDSを検索して見ると
何かもうやる気失くします。
俺の購買意欲を返してくれ、と。

仕方がないのでアプリで
「まあ暇つぶしくらいにはなるべ」
と思いながら『真・女神転生』をDLしてみましたが…

これがもう面白いこと山の如しなんですよ。

もう詳細とかメンドイので省略しますけど、
やってみた感じとしては『ウィザードリィ』に近いかな、と。
装備品は未鑑定で手に入って、準備画面に戻った時に初めてそれが何なのかわかるってな感じ。
いいアイテムは自分が装備してもいいし、
オークションに出して誰か他のプレイヤーに買い取ってもらう、
なんてことも出来るのです。
逆もまた然り、ですし。

『女神転生』好きにも『ウィザードリィ』好きにもオススメです。

8点(10点満点)。

マイナス点は一旦魔界(ダンジョンね)から戻ると、
たとえ体力満タンの状態だとしても次の探索までかなりの時間がかかってしまうとこですかね。
何だよ次の出発まで243分かかりますってよ。
そういう意味では、サクサク進めたい人にはオススメできません。
ドッシリと腰を落ち着けてやるゲームですね。
アプリなのに。
DSが欲しいので誰か売ってる店があったら教えて下さい
2006年01月16日 (月) | 編集 |
やっとうまいこと嫌な感じのコメント弾けるようになりました。
迷惑業者ったらホントッ迷惑なことこの上ありませんね。
あんな奴らは全員顔中ニキビだらけになりやがれ。
ケツにニキビができやがれ。

さ、呪いの言葉はこの辺で止めておいて。
最近、巷で噂のニンテンドーDSが欲しくなったのでお店に電話をかけまくったのですが、
驚くことにどの店からも売切御免と言われました。
本日、友人の某チーム選手兼監督と服を買いに行った際に大きめの店にも行きましたが、
やはり売り切れでした。DSすげえ。PSPよりすげえ。
やっぱり皆脳を鍛えたりコンマ一秒を縮めたり犬を可愛がったりしたいんですかね。
俺もしたかったんですがね。とても。

まあなかなか安くて良い服が見つかったので、
今日のところは我慢しようと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。