去年あった良い事も悪い事もリセットして、今年を頑張って生きましょうぜ。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルメリポーターのアノ人のリアクションは面白いがやりすぎだと思う
2005年12月03日 (土) | 編集 |
おかんがどっかのお偉いさんと呑んできたらしく(非接待)、
お土産に旨そうな魚介をたいそう持って帰ってきた。
梅酒もあることなので、魚介を肴に独り呑んでいるわけである。
ハスキンの『the steady-state theory』を聞きながら。

しかしグルメリポーターってスゲエなと思うわけで。
やれ「○○とした歯ごたえ」だの「○○のようなこの色」だの「まるで○○の玉手箱やー」etc...
大げさすぎる時もあるものの、やはりその言葉によって見ている側は色々と想像してしまうわけで。
そして何よりあの言葉のボキャブラリー。
ある物を食し、味わい、適切な表現を即座に発する。
これはある意味職人芸といってもよいような気がする。

ふと自分に置き換えると、この要素がバッサリ欠けてるなと思う。
俺がモノを喰って出てくる表現は大抵「旨い」or「不味い」しかない。
「○○みたいな味」という表現は出てこないし、的を外れていることが大半だ。
さぞ料理を作る側も作りがいが無いであろう。
旨い物を喰った時の顔の充実加減は誰にも負けない自身があるのだが。

でも、本当に美味しいモノを口にした時、言葉なんて無粋なものだと思いません?
職に限らず、感極まった時、言葉はいらないのですよ。
心の中で一言呟く。それでいい。余計なものは何もいらない。

あれ、何書きたかった、俺。
まあ要は酒が旨いってことで一つ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
馬刺しソーダってどう思いますか?
僕はありだと思います?
2005/12/03(土) 01:25:19 | URL | (*゚▽゚)ノ #-[ 編集]
馬刺しソーダってどう思いますか?
僕はありだと思います?
2005/12/03(土) 01:25:49 | URL | (*゚▽゚)ノ #-[ 編集]
コメントありがとうございます。

…いやぁ、それは確実にないでしょう。
まだジンギスカンキャラメルのがありえる気が
2005/12/03(土) 01:32:17 | URL | じ○ #-[ 編集]
「美味しんぼ」だと山岡さんが静かに食べてますよね。「表現する言葉を探すだけ無駄だ・・・」的なこと言いながら。本当に美味しいものには言葉の表現はいらないと思います。
 
え、今日の夕飯ですか?レトルトマーボー豆腐とレトルトご飯。・゚・(ノД`)・゚・。
2005/12/03(土) 22:35:09 | URL | コウ #CxA8r4kM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。