去年あった良い事も悪い事もリセットして、今年を頑張って生きましょうぜ。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

@朝日杯フューチュリティステークス
2007年12月11日 (火) | 編集 |
どうも、暫くと言っても年末までですが、二歳G1男と名乗らせていただきます。
何故ならこの難解なレースもバッチリと的中させてしまったからです。
先週と一緒の展開で、監督からメール来るまでは
「絶対当たらねーいや当たるわけないからもう家で寝てようそうしよう」
とか思ってたのに。監督、ありがとう。
この年末のいくばくかだけ天に、というか競馬の神様(not大川慶次郎)に愛されてる気がします。
こりゃ有馬も東京大章典も気張ってくしかないよね。ね。

今回は監督に何から何まで世話になりました。もう頭を向けて寝れません。
まず誘ってくれた事。いつもだけど車に乗せてってくれる事。
そして何より、2着レッツゴーキリシマの存在に気づかせてくれた事です。
最初はコイツを切ってアンカツのサブジェクトを買おうと思ったんですが、
データ上「外枠は不利」だったのと、監督の「そいつよか3番のがいいぜ」的な発言で決断したわけです。
あとはぶっちゃけ適当と言えば適当です。
監督が遅めにウチに来たのであんま見る暇が無かったのと、
前の晩に男祭りが行われて、その時の酒が残っていたせいであまり頭が働かなかったせいです。
男祭りは楽しかったからよかったんですが。いい体してるよね。皆。

それはさておき、どうも人気馬決着になるとは思えなかったんですよね。
有力どこのアポロドルチェは外枠だし、スズジュピターにしても全幅の信頼をおけるほどではないな、と。
なら三連複のBOXで人気どころと穴っぽいところをまとめて買いに行くか、となったんです。
(あとでオッズ見直したら穴馬は3番だけでしたけどね)
1番ゴスホークケンは各誌で素質馬だと評されていたのと、1/8の抽選を潜り抜けたという事です。
こういう馬は抽選で運を使い果たすか、その運がそのまま作用する(気がする)ので。
3番レッツゴーキリシマは前述の通りなので割愛。
あとは7番キャプテントゥーレ、9番スズジュピター、11番ヤマニンキングリー、14番アポロドルチェを人気上位で買いました。
朝日杯は基本的に上位人気馬で決まる事が多いので、どうしても外せませんでした。

その結果、三連複で24k弱という高配当を手にする事ができました。
1,2番人気が絡まないと跳ねるんですよねー。
レッツゴーキリシマもいい具合で人気薄だったし、文句の無いフィニッシュでした。
勝浦騎手はテレグノシス(マイルCS)以来のG1勝ちだそうです。
おめでとうございました、そして馬券的にもありがとうございました。

今週はお休みして、いよいよ来週は今年の締めくくりです。
そう、ザ・有馬記念です。
以前も書きましたが今年も豪華なメンバーが揃いますからね。
楽しみです。
溜まりに溜まった外れ馬券を捨てる(供養する)のも楽しみです。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。