去年あった良い事も悪い事もリセットして、今年を頑張って生きましょうぜ。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人の趣味を否定するヤツに限ってロクな趣味を持っていない。結構キャバクラ通いとか風俗通いとかが多いのは何故だろう。
2007年06月23日 (土) | 編集 |
気づいたらちょっと引くくらいほったらかしでしたね。
もうこのまま自然消滅させてもよかったんじゃないかくらいの事も考えるくらいでしたね。
んで久々に何書くかと思えばまたゲームの話ですよ。
もちろんこれは僕の趣味だから別に誰に何を言われようが某ロボットのパイロットに「気持ち悪い…」とか言われようが、
そこは全く気にしません。若干傷つきはしますが。

しっかし人の趣味を簡単に否定する人ってどうなんですかね?
世の中には自分の想像を超えた趣味を持つ方がたくさんいますからね。
フィギュアを集めたりメイド喫茶に通ったりAKB48のライブに欠かさず行ったり、
でっかい耳クソをマッチ箱の中に集めたり長い鼻毛をマッチ箱の中に集めたり、
でっかいヘソのゴマを(中略)からね。
そういやドラえもんで「鼻くそを貯め続けたらこんなでっかいボールになった」みたいなヤツいましたね。
わかる人が何人いるかは本当に定かではありませんが。

まあどうしても変わった趣味の人を許せない方はもう近づかなければいいと思いますよ。
関わるほうも関わられるほうも気分悪い事この上ないですからね。
要は軽々しく他人を否定するのはイカンですよ、って事で一つ。
あー、でも他人に迷惑をかけるもしくはかける恐れがあるなら、
全力で止めるべきだと思いますがね。
度を越えたギャンブルとか、○学生や○高生の盗撮とか盗聴とかね。
それじゃあこの辺で。


…本当に終わらせてしまうとこだった。
ハイ、じゃあ今からゲームの話をしまーす。
DSの『世界樹の迷宮』がですね、廃人になる恐れがあるほど面白いゲームなんですよ。
ネットでの評判が高かったので気になってたんですが中々買う機会がなく、
ようやっと手に入れたと思ったらもうドップリ浸かってます。

ベースは大昔の名作にしてRPGの原点『ウィザードリィ』です。
大まかに説明すると、前書いたモンハンと一緒ですが、
主人公は存在せずキャラメイキングでキャラ登録をして、
そしてパーティーを組んで地下迷宮へ潜り、
様々な依頼をこなしたり迷宮の地図を作成しつつ奥へ奥へと進んでいくゲームです。
気になったら自分で調べましょう。

恐らくゲーム初心者は序盤の敵の強さに投げ出したくなると思います。
これは本家『ウィズ』でも一緒で、最初は本当驚くほど弱いんです。
最近のRPGに慣れてる人ほど違和感を感じると思いますが、
僕としてはコレは逆にリアルでいいんじゃないか、と思います。
誰でも最初はガリガリのヨワ野郎ですからね。
んでこの弱さが、後の「オレ強くなってね?」感を生み出すんですよね。
勿論下へ進むごとにモンスターも劇的に強くなるのですが。

武器や防具・アイテムは最初はショボイ物しか売ってません。
これらはモンスターが落とすアイテムや採取・採掘・伐採ポイントで手に入れたアイテムを店に売ることで、
新しいアイテムが店に並ぶようになるんです。
確かコレも本家と一緒ですね。
敵が出てもなるべく倒すようにしてしまうようになってしまうのは僕だけでしょうか。
ただ倒すだけでなく「術のみで倒す」「1ターンで倒す」などといった条件付で落とすアイテムもあるので、
色々と試行錯誤する必要があります。
それがまた楽しいんですけどね。

DSならではの要素は、「自分で迷宮の地図を書く」というところでしょう。
下画面に地図が表示されるんですけど、基本的に進んだところは黒く塗りつぶされるんですが、
壁やアイテムを採取できる場所、ドアや宝箱などは表示されません。
そういうところを自分で書いたりアイコンを配置したりすることによって、
漸く地図が完成する、というシステムになってます。
コレを「面倒くさい」と思う方もいるでしょうが、
実際やってみるとヘタにオートマッピング機能をつけるよりも
「自分の手で未開の地を切り開いてやったぞ!オレはやったんだ!」感が強く生まれるんですよ。
よく考えたなーと普通に感心してしまいますね。

長々と書いてきましたが、このゲームは非常に地味です。
派手派手で演出も多いゲームに慣れてる人は敬遠しがちかと思いますが、
だからこそそういう人に是非プレイしてもらいたいです。
確かにね、『逆転裁判』とか『応援団』とか面白いですけど、
こういう地味なゲームにある魅力というものを是非感じ取って頂きたい、と。
前回のモンハンと一緒ですが、『自分がゲームに参加してる』というのを感じるのは中々楽しいモンですよ。

以上、ゲームが趣味の独り言でございました。
どんと晴れ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
昨夜の呑みの席で、不愉快にさせてしまったのなら申し訳ない。
この時点で自覚があまり無いというのも問題ですが。
2007/06/23(土) 22:51:30 | URL | 敦規 #-[ 編集]
いやいやいや、あなたが僕を不快にさせた事などただの一度も無いよ。いやホントに。
寧ろ途中で「眠いから」という理由で寝てしまった僕にイライラしてないか心配してました。
あと今朝はご愁傷様でした。
2007/06/23(土) 23:41:25 | URL | じん #-[ 編集]
DSよこせ
2007/06/25(月) 11:53:49 | URL | ますん #-[ 編集]
思いっきり引かれるか

DSをよこすか

どっちか選べ。
2007/06/26(火) 02:09:36 | URL | JOE #-[ 編集]
>ますん

山賊か。
パパでも見つければいいんじゃあないかなあああああああ
知らんけど。

>JOEさん

山賊か。
てかアナタは自分の貯金で買いなさいよ。
じゃなきゃタバコやめてその金で買いなさいよ。
2007/06/26(火) 15:19:02 | URL | じん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。