去年あった良い事も悪い事もリセットして、今年を頑張って生きましょうぜ。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『本当にあった主婦の話』とか『ご近所スキャンダル』とか、本当の本当に事実だったら結構引く内容ですよね。怖い怖い。
2007年02月22日 (木) | 編集 |
どーもー、ジャンヌダルクの曲で一番印象に残っているものは、ありません。jin@です。
全く興味もなければ覚えてもいません。
アレですよね、僕の目だけが認識できる妖精の類じゃないですよね?
ファンの方がいたらすいませんが。
同様に『NANA』から派生した音楽も全く印象に残ってません。
あれがロックなんですか?本当に?ねえ?その耳つけかえたら?

さて、今日はちょっと趣向を変えて、こんな事を書いてみます。
題しまして『コンビニであった全部本当の話』。
確か前にもやったような気がするんですがあえてやってない事にします。
そして今確認のために初期の記事を見てたらまた死にたくなりました。
恥ずかしさで。野外で大をしているのを美人さんに見られた時ぐらいの恥ずかしさで。
過去の僕は今にもまして痛々しいですよちょっとこれ本当に。
「ちょ、アイツ本当マジで死ねばいいのに」って言うくらい。
消しませんけどね。

とりあえずはとれたてのお話を一つ。
昨晩の事なんですが、まあコンビニってのは時間帯に限らずいろんな人が来るもんです。
これを深夜に限定すると、酔っ払いの割合が非常に多くなるわけで。
んで僕、いやオレなんかはね?オレちゃんくらいになると、もう自分が酔っ払った姿が大嫌いになってるわけだからね。
んで廻り廻ってついには酔っ払いそのものが嫌いになってしまったわけですよ。
酔っ払いが来るたびに心の中で「あー明日コイツ起きたらゲロ塗れになってねーかな」とか思ってたりもします。
それが女性であっても、です。
見た目が良い悪いは関係なく、ウザイもんはウザイですから。

んでね、結構な頻度で酔っ払ってくる30代くらいの女性がいらっしゃるんですが。
この方がね、ものっそい、引くタイプの泣き方をしながら店に入ってきたんですよ。
いつもは若干ウザイ感じながらもケラケラ笑ってる明るい方なのに。
買い物して店出るまで延々と泣きじゃくってまして。
もうこっちサイドとしては聞くも涙のおどろおどろしい昼ドラ物語を想像するしかないじゃないですか。
『本当にあったご近所スキャンダル』とか『主婦サスペンス』みたいなやつを。
「明日は元気でいらっしゃって下さいね」とかワケのわからない慰め方をしちゃいましたしね。
何だよそれ。どんな慰め方だよ。慰め下手にも程があるだろ。

もう一個短いのを書いときましょうか。
毎日はいらっしゃらないんですが、
ご来店されると『必ず』エロ本を買っていく30代くらいのオジサンがいます。
100パー。
これも本当の話。
正直「そんなにネタに餓えてるんすか?」と聞いてみたくはあります。




あーあと全く上の内容とは関係ないんですが、
今年こそはARABAKI行きたいですね。
HAWAIIAN6とかthe pillowsとか、何より我らがthe ピーズを生で見れる数少ないチャンスですからね。
チケットは二日通しで14kすか。
交通費・宿泊費など合わせると…。
むー…。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
そういえば、去年行ったよ。

プライスレスな二日間だったよ
2007/02/23(金) 00:15:23 | URL | たけ #-[ 編集]
>たけさん

ですよねえ。
日程の都合上一日半しか見れなさそうだから余計に悩んでます。

……野宿も視野に…。
2007/02/25(日) 11:25:59 | URL | じん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。