去年あった良い事も悪い事もリセットして、今年を頑張って生きましょうぜ。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の歌手ってもう全然わかんないです。名前と曲が一致しません。『マナカナのどっちがマナでどっちがカナだっけ?』くらい一致しません。
2006年12月06日 (水) | 編集 |
ふっと気になったんですが、
よくご年配の方とかオッサンとかオバチャンとか言いますよね。

『最近の曲はみんな同じように聞こえるよー』

5年ほど前は『この人は何を言ってるのか?』ってな感じでしたが、
最近僕もその症状が出てきました。
これが老化というやつなのでしょうか。
…ではなくて。
自分なりに(暇な時間を潰すために)考えてみた結果、
一つの結論に行き着きました。

例えばAさんという歌手がいました、と。
そんでAさんの出した歌が大ヒットしました、と。
そうすると、Aさんの所属するレコード会社(1としましょう)はここぞとばかりにAさんを売り出すわけですよ。
んでまあアルバムなんかもガツンと売れて社会現象みたいになって(中略)最終的には時の人に、と。

面白くないのは1以外のレコード会社(2、3としますか)。
1がガッツリ儲けてるのを指くわえてみてるわけですからね。
戦略会議などを連日開いたりするわけですよね。
んで行き着くのは、
『Aさんが売れてるわけだから似たような歌い方もしくはルックスもしくは歌詞もしくは(中略)な奴探せばよくね?』
となるわけですよ。
そこからはもうイワンでも、いや、言わんでも解るのではないかと。

というのが僕の妄想なんですが、
果たして何処まであってるんでしょうかね。
全くあってなくてもそれはそれで別にいいんですが。
仮にあってたとして、バンドなんかもそうなんですかね。
ていうか本当にいるんですかね、
『実は僕らの曲ぜーんぶスタジオミュージシャンが全部曲作ってますよーアハハー』
みたいなバンドって。
アレは漫画や映画や小説の中だけの話じゃないんですかね。
いるとしたら…どのバンドなんでしょうね。

そういえば以前兄の友人で某オートマティックで一世風靡した方のライブに行った人が、
『声全然ちげーよってかアレ本当に某藤なにがしの娘か?』
とか言っていたのを聞きましたが、
それも含めてどうなんでしょうかね。
まあ結局真相は当事者や関係者じゃないとわっかんないんすけどね。

あと最近の女性歌手に多い、あの、余韻を残す歌い方というか、何と言うか。
イライラしますね。
SATSUGAIしたいくらいイライラしますね。
男に媚びたようなあの歌い方が、ぼかぁ、ぼかぁもお。
いっそコンビニでかかる曲に一曲くらいメタルでも入れてくれんもんか。
『デトロイト・メタル・シティ』が流行っている今のうちに。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。