去年あった良い事も悪い事もリセットして、今年を頑張って生きましょうぜ。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世の果てみたいな川の風景も陰鬱な思いも哀しいほど青い空も全て含めて、つまりは全て日曜日よりの使者だったのではないか、と。
2006年07月31日 (月) | 編集 |
気づけばもう7月も終わりですよ。
早いですね。ものっそい早いですね。
光陰矢の如しとはこのことですね。
時の流れが早く感じるのはまあ年を重ねてきたから仕方が無い事ではあるんですが、
暑さだけは多分この先じいさまになっても慣れないでしょうね。

暑いんだよ。
眠れねんだよ。
変な時間に起きちゃってさ、眠いのに寝れねんだよ。
冬は寒すぎて目が覚めるって事は滅多に無いのにねえ。
まあ雨よりはなんぼかマシなんですが。

さて、昨日はピクニック的な事をしてきました。
いやいや、僕だって人間ですからね、そういう事もしたくなりますよ。
特に気が滅入ってて何事にも気力が沸かない時にはね。
何より、昨日は本当に過ごしやすくかつ青空が綺麗ないい日だったので。

ちょっとした用事を済ませた後にブラブラと原付を本宮方面に走らせ、
何の気なしにヤマザキデイリーに入ったら手作りのパンが売ってましてね。
・天気が良い
・おいしそうなパンが売ってる
・ちょっと働きづめでしんどい
・悩みがある
と材料が揃ったらね、
川の流れでも見てボーッとするに限るんですよ。
無論そこにはパンとコーヒー(おにぎりとお茶でも可)が欠かせません。

サンドイッチとメロンパン、缶コーヒーを買って雫石川へと向かったまではよかったんですが。
あんだけでかい川だと中々川っぺりに近づけないもんですね。
『となりのトトロ』とか『もののけ姫』チックな場所を通っては抜けてみたんですがね。
かなりてこずった後、市立高校近くの路地から近づけそうな事が判明。
そしたらコレがまたすごい道でね。
地面は『カブじゃ無理だろー4WDでもなきゃ無理だろー』みたいな砂利と泥道、
周りは身の丈以上の草木がボーボーと生えてやがってね、
一瞬死を覚悟したくらいの道でしたよ。

やっとのことで抜け出したら、漸くそれっぽい所には出たもののまだ川は見えず。
途方にくれながらあたりを注意深く見てみると、ケモノ道みたいな小さな道が。
カブを置いて半ば自棄気味にその道を進んでみると、やっとの事で川の流れとご対面できました。
写真はこちら。
川の流れ


落ち着いた良い雰囲気の場所ではあったんですが、
反面この世の果てであるかのような殺風景さも感じました。
あとはもう1時間ほどボーッと川の流れを見ておりました。
川を見ながらパンとコーヒーをいただいただけなのに、
気分は不思議とリフレッシュ。
有り体にいえばマイナスイオンがどうたらこうたらって奴なんでしょうかね。
よくはわかりませんが。
まあ行き詰ったらなかなかオススメだと思います。
お試しあれ。

20060731184928.jpg


おまけ。
なにやら電波塔チックな建造物が見えたのでそれも撮っておきました。
帰りにアジカンの『電波塔』を口ずさみながら帰ったのは言うまでもありません。
チェックオーケー?

しかし青空って本当いいね。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
いいねぇ、パンとコーヒーIN川べりかぁ!雫石川はたしかに行きずらい!何気に中津川は良いよ。きれいだからなあ。中ゼミの裏とかも乙。
2006/07/31(月) 21:29:48 | URL | gao #-[ 編集]
そこの川原は懐かしいです。高校のときその川の上を渡って登下校したものです。
 ほぼ毎日チャリ通でした。アイスバンで2輪ドリフトかまして田んぼに落ちたのはいい思い出です。雪積もっててよかった。
2006/08/01(火) 00:38:53 | URL | リーダー #-[ 編集]
>gao

自然が多めなところがいいなぁと思ってココにしました。おもっくそ橋の下だったけど。
中ゼミの裏いいね。花火したいね。焚き火したいね。そんな夏の思い出。

>リーダー

中々雰囲気の良いところでした。機会があればまた来ようかな、と。
冬にチャリでこけると他の季節より悔しいのは僕だけでしょうか。
2006/08/01(火) 20:47:40 | URL | jin@ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。