去年あった良い事も悪い事もリセットして、今年を頑張って生きましょうぜ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

@帝王賞&宝塚記念2008
2008年06月30日 (月) | 編集 |
まずは帝王賞から。

といってもあまり書くことも無いんですよね。
いや、順当過ぎるほど順当な結果だったので。
フリオーソは後はJCDとかでも活躍してくれれば楽しいんですけどね。
中央勢をギャフンと言わせるくらい走ってほしいです。
後は…的場騎手が乗る時のボンネビルレコードは要注意、ぐらいです。

終わり。


続いてヅカ。宝塚記念。

エイシンデピュティというか内田騎手を侮ったのが全てかと。
金鯱賞勝ちもフロックだと思ったし、岩田騎手からから内田騎手に乗り変わったのもマイナスかな、と。
前残りっていうのも十分に考えられた展開なのに。
今朝の新聞では漫画でしか見たこと無いようなペースの緩急もつけてたらしいですし。
脱帽です。参りました。

んで僕のド本命かつA級戦犯。そう、アルナスラインです。
何でしょうね、あの負けっぷりは。
最終コーナーで前が詰まってた気もしますが、やはり雨が影響してたようですね。
僕は切ったけどアドマイヤオーラも道悪はダメみたいで。
まあね、今後の馬券買うときの授業料だと思うことにします。
道悪では買わない、と。
その他期待の四歳勢もパッとしませんでしたね。
世代交代はもう少し先なのでしょうか。

メイショウサムソンはまた二着でしたか。
もう個人的には凱旋門賞行かなくていいんじゃないかって気もしますが。
今後どうするんでしょうね。注目しましょう。
三着インティライミは僕バッチリ抑えてたんですよね。
なんたって道悪の鬼、そして得意の京都コースですから。
ヘタすりゃ一発まであるぞ、と思ってたんです。
こいつは押さえていただけに悔しい。あまりにも悔しい。
その他一発があるかなーと思ったサクラメガワンダー、カンパニーもダメでした。
でも前者は阪神コース、後者はマイル付近の距離ならまた買おうかと思います。

そんなこんなで春のラストも負けましたよ。
夏競馬…はチョロっとやるだけにして、
秋のG1戦線は大幅プラスになるようにしたいっすね。

ダビスタ、買おうかな…。
スポンサーサイト
乗るべき電車に乗り遅れたけどせめて走ればほんの少しは追いつけるかな?という話と二本立て
2008年06月27日 (金) | 編集 |
一応今月をもって今の店をやめる事にしたわけですよ。
理由なんてそんなんもう決まってるでしょう、自己批判のなれの果てですよ。
オマエは一体23にもなって何をウダってるんだと。そしてもうすぐ24だぞ、と。
結果何も見つからなかったとしても、真っ当に生きるべきじゃないのか、と。
おかんもじいちゃんばあちゃんも実は影で泣いてるぞ、と。
そういうわけでこの末っ子のボンクラもね、立ち上がらんとイカンなと。
乗るべき電車には大分乗り遅れちゃったけど、せめて少しでも追いつこうじゃないかと。
そう思った次第でございますよ。ええ。

しかし7月1日からの状態。
住所こそあるものの完全なる無職。
言い換えれば完全なる犯罪者予備軍というか、親倍テンパイみたいなそういう感じですよね。
完全試合まであと一人、みたいな。
簡単に見つかるとは思わないけど、早めにちゃんとした仕事見つけますよ。
見つからなかった場合の最悪の事態も含めて色々と考えてます。行き先を。
でも少しはゆっくりしたいのも本音なんですよね。
どっか旅でもでるかなあ…。


そんでもう一本。
てか、この「もう一本」ってのを小出しにしたら今より頻繁に更新できたりするんだろうね。
まあいいやそんなんどうでも。

先週末のいしがきフェスをnaoさんと見てきましたよ。
といっても合流できたのはビークル始まるちょい前からなんですが。
彼の用事が済んで合流するまでの間、
僕はキャプテンズを見たりスクービーを見逃してふてくされて川原でビヤーを飲んだり、
じゃじゃ麺屋「白龍(パイロン)」でじゃじゃ麺とビヤーを流し込んだり、
ゲームショップで2GBのメモリースティックを買ったりしてました。

合流したらしたで乾杯しまして。
だって会場内で焼き牡蠣が売ってたんですよ?殻つきのヤツ。
一つ200円は安くないですか?どっかの飲み屋じゃ一つで490円とか言っちゃってるのに。
そりゃあもうね、牡蠣大好きな僕としては喰いまくりますよ。
若干生っぽかった気がしないでもないですが、お腹も壊さなかったし、大変美味しかったです。

んでビークルではしゃぎすぎたらね、まーた眼鏡紛失ですよ。もう何度目でしょうね。
会場スタッフに「スイマセン眼鏡落ちてなかったスか?」って聞いた時の反応とかね。
「えーこの人そんなん落としちゃったのかよ多分もうソレ砂利に混じってんじゃね?」的なね。
僕も大体わかってるんですけどね、わかっちゃいるけど聞かずにはいられなかったんです。
後日新しいのを買いましたよ。やっすいヤツ。
大声で「×××こ」とか叫びまくってた僕が悪いんですかね。
いや、悪くない。
あとお面をとったヒダカさんは思ったより若かったです。個人的に。

ソイルはもう何というか、終始圧倒されっぱなしでした。
あの演奏はもう何というか凄すぎでした。あんまうまい事言えない位。
なんでしょう、例えるなら「パッと見メチャクチャだが実は全てが計算しつくされていた」的な。
うまく伝わってない気がしますが。
鳥肌が最初っから最後まで立ちっぱなしでした、といえば簡潔に伝わるかしら。
最後のアンコールも非常によかったです。是非また見たい。

んでその後は監督とコウを呼んで、近所の飲み屋で深夜まで呑んだくれてました。
いつものメンツなので会話の内容もいつもと一緒でした。つまりウダってました。
そして僕今まで逆毛語しゃべった覚え一切ありませんですけどね。
彼のブログだとそんな感じで書かれているのが、最近のちょっと癇に障ることです(目は笑ってない半笑いで
悲しい事があっても酒に逃げちゃダメなんだよ。じゃあ何に逃げればいいかってそれはお前、その、アレだええっと…。ハイコレ宿題にしますからー。皆それぞれ考えてくるようにー。
2008年06月19日 (木) | 編集 |
あの地震の前日にね、監督としこたま呑んでまして。
んで話の内容は後で書くとして、もう僕ベロンベロンになっちまいまして。
定かではありませんが、たしか二件目のトイレで大をする体制のまま嘔吐してたようで。
ミラクルなのがね、ソコが洋式トイレだったんですよ。
んでもう下は完全に丸出しで座ってるんですよ。
そしてそのまま嘔吐したというのにブツはトイレの中に納まってて、しかも下に全くついて
ってやめたやめたこんな話。もう汚いしどうでもいいし。
食事中もしくは済ませたばかりの人はすいませんでした。

そんで店から出た後、監督がヤベエと思いタクシーを止めてくれて一緒に帰ったんですが。
タクシーの中ではなんとか我慢したものの、
家についたとたんに近所中に響き渡るような声で、
家の近くの排水溝におもっくそ嘔吐してしまいまして。
だから地震の瞬間も実は完全な二日酔いでした。
ついでに言えば結果的には三日酔いでした。
そんな話はどうでもいいか。
えー、監督、店の人、そして結果的に連絡をくれたのに返せなかった松っちゃん、すんませんした。

やっと本題に入りますが、なぜその日僕はアホみたいに吐くまで酔っ払ってしまったか?
「僕も一歩間違えれば出雲の事件の犯人、秋葉原の事件の犯人のようになってたかもしれない」
という事を真面目に考えてしまったから、そしてそれを熱く語り合ってしまったからですよ。

恐ろしい事に、彼らが言ってた事を僕も過去に言ってるんですよ。
「俺なんか死ねばいいんだよなあ」とか「どうせ俺一生嫁もこねえだろうしなあ」とか「俺ブッサイクだなあ。精神的にもね」とか。
「俺の事皆嫌ってるんじゃないか」とか「っていうか寧ろ嫌いでしょ?」とか「どうせ俺なんかいてもいなくても同じだよなあ」とか。
過去の記事を見ればたしか載ってるはずですし、
僕の相手をしてくれた人はもう耳にタコが出来てるくらい聞き飽きてるハズですし。
という事はですよ、この岩手から殺人鬼が生まれていた可能性がものっそいあったワケですよ。ホントに。

僕は今まで生きてて「あーすっげえラッキーだわ」なんて思ったことってあんましなかったんですが、
今こうして大きな罪も犯さずに生きてる事に急にグッと来てしまいまして。
結構色々と不満はありますよ、ありますけども、こうして生きているだけでなんてラッキーなんだ、と。
一緒に酒を呑んでくれるような人がいてなんて幸せなんだ、と。
たまに電話をかけてくれる先輩がいてなんて幸せなんだ、と。
僕に関わった全ての人にありがとう、と。
全てにありがとう、と。(HAWAIIAN6 『A Love Song』より)

なんてことをね、柄にもなく考えて声に出してみたらね、涙が止まらなくなりまして。
んで照れ隠しにビヤーを次から次へと流し込みまして。
以下冒頭の小汚い話へとつながっていくのでした。
本当はたまに真面目な事を話しながら酒を呑むのもいいんですけどね。
最終的にこうならなければ。

というわけで、今回は小汚いのと青臭いのとで二重に恥ずかしい話をお送りしました。
関係ないけど中学生のブログってこういう文章で埋まってそうですよね、なんとなく。
心が参ったら横道坊主とピーズとピロウズを。夜には星と音楽を。そしてホラーにはエロとグロと爽快感を。コレ、忘れない事。
2008年06月13日 (金) | 編集 |
二本目。

『プラネット・テラー』を見ました。
ロバート・ロドリゲス監督作品です。
『シン・シティ』や『スパイ・キッズ』シリーズで監督を務めた方です。
僕の中では『エル・マリアッチ』『デスペラード』『レジェンド・オブ・メキシコ』のイメージの方が強いですが。
この人の映画にはイカレてるキャラがよく出るのが好きなんですよね。
今回はゾンビ映画と言う事でホラー嫌いの僕としてはかなりビビリながら見たんですが、
結論を端的に言えば、

「グロさを補って余りある爽快感と笑えるシーンが多数あった」

です。
何と言うか、もう僕のストライクゾーンに剛速球が投げ込まれた感じですよ。
『緑山高校』の二階堂クラスの。
『ドカベン』の不知火または中西球道ばりの。
『タッチ』で最後に達也が新田に投げた直球ぐらいの。
そりゃ僕も三振した挙げ句にクルクル回ってその場に無様に座り込みますよ。
いい映画です。最高に笑えました。
例によってあらすじとかは書きません。
僕なりにステキだとポイントだけを書かせていただきます。
気になったらググるなりなんなりして下さい。

まず主人公の元恋人である謎のオトコ(さすらいの早撃ち野郎、らしいです)。
コイツがもう恐ろしいほどに強いんですよ。
銃だけならわかるんですがね、主人公を助ける為に単身搬送された病院内に乗り込むんです。
二本のナイフを使ってどっかの殺し屋やモンスターハンターも真っ青の殺陣を演じるんですよ。
「えーーーーコイツガンマンなのにナイフも使えんのかよ最強じゃんかっけえええええ」的な。

ホラー映画にはもう当然のように入ってるベッドシーン。
片足になった主人公と早撃ちガンマンの。
オイオイ、ゾンビが迫ってきてるのにナニしてるんだと。
しかも始まったところで『一巻消失』のテロップが。完璧すぎます。

脇役キャラもいい味を出しまくってます。
軍人のリーダー役のブルース・ウィリスもいい悪役っぷりなんですが、
タラちゃんがまたいい感じにイカレた軍人キャラを演じてるんですよ。ここも必見です。
あとは生物科学者。男性のタマを切り取って集めるんですよね、裏切り者や邪魔する軍人から。
そしてそれをホルマリンに漬けたり袋に入れて(タマだけに、ね)持ち歩いてましたよ。いい趣味してます。

最後の20分くらいがもう最高ですね。
ここだけ脳内映像に保存しといて夜中に独りで酒飲みながら見たい位です。
片足美女ガンナーの勇姿を目に焼き付けるべきですよ。
できれば瞬きを一度もしないくらいの勢いで。
終わる直前にはなんとパワーアップしてるんですよ?
最後の最後に爆笑が待っているとは思いませんでしたよ。

B級映画ファンには堪らないつくりになっています。
ぶっちゃけ何も考えないで見ても楽しめると思いますよ?
血と膿と内臓が結構な頻度で出てくるので苦手な人はキツイかもですが、
それを頑張ってどこかに押しのけてでも見る価値はあります。
本当オススメ。笑えますから。片足美女ガンナーとかタラちゃんとかあとタラちゃんとか。
@安田記念2008
2008年06月13日 (金) | 編集 |
遅くなりましたが安田記念の結果でも。

いやー、やはり的中してないとヘタレますね、姿勢が。
競馬予想家はどんだけ外しても攻めの姿勢を貫くところが名予想家たる所以なのかと強く思いました。
何故こんなところから入るのかというと、三連複3万馬券を取り逃したからです。ヘタレて。
締め切り30分前までは3着エイシンドーバーを含めた三連複6頭BOX馬券を買おうと思ってたんです。
なのに先週の数レースノーヒットが頭の中を一杯にしやがりまして。

「…馬連でも、結構つくんじゃない?いや、安田は荒れてるし…。ね?いいよね?」

と具体的にはこんなんが。
んでエイシンドーバーを切った末に、香港馬三頭とシェイディ、ウオッカ、ホーネット、スズカという馬連BOXを買ったという寸法です。
いや、当たりましたよ?当たった事は当たったけど、何なんだと。
直前でヘタレてなければ大的中ですよ?
俺、アホか、と。
まあ良くある事なんですけどね。
というわけで次の帝王賞からはどんだけ外そうとヘタレずに行こうと思います。

その他各馬に対して。
アルマダ除く香港馬二頭は何だったんですかね。あの前評判に対してあの結果ですよ?
-21kgとか-15kgとかありえないですよ。あんだけ体調がいいとか書いといて。
体調管理からやりなおせ、と強く言いたい。

武は大外ブン回すのやめたほうがいいと思います。
ディープの幻影にとりつかれてるとしか思えません。何なんでしょうか。

エアシェイディ最後惜しかったんですけどね。
僕の中ではG1だと善戦するも最後は、みたいな印象しか残りません。
G2G3なら飛びついて買うんですけどね。
とかいってたら秋のマイルCS辺りでサクッと勝ったりするのかも?

あとはまあ特に無いですね。
盛岡競馬の最終レースで三連複BOX5頭の馬券買ったら的中した上、
思いの他配当が高くついた事ぐらいですかね。
ビバ、岩手競馬。
多分今週は行かないけど。
ここまで趣味全開だと逆に気持ちいいです。全てのB級映画に愛を。愛を込めて花束を。愛を取り戻せ。せ、船場吉兆。う、ウガンダ・トラ。
2008年06月06日 (金) | 編集 |
タランティーノ監督作品の『デス・プルーフ』見ました。
これはアレですね、超個人的な趣味映画ですね。
オネーチャンと殺人鬼とカーチェイスを適度に混ぜて煮込んでこねくり回したって感じです。
確実に見る人を選ぶ映画です。
タランティーノ好きなら見て損はないですが、それ以外の人はどうでしょう。

内容ですが、カート・ラッセルが非常にステキな変態殺人鬼役を演じていたのが素晴らしかったです。
最後が情けない気もしますがそれもまたいい味に。
車で人を殺す(轢き殺す、ではない)シーンは妙に脳にこびりつきました。
オネーチャン達はバーで知り合った知らん人にノコノコついてくと大変な事になるから気をつけて下さい。
見知らぬ天井どころか天井突き抜けてあの世に行ってしまうかもですよ?

あとキレたオネーチャンは怖いです。
っていうかぶっ飛んだオネーチャンは怖いです。
男がいないところでは皆ああいう会話してたりするんですかね?
タバコどころか「ごめん、アタシにもハッパちょーだい」みたいな。
「夕べはどっちが上に?」とか「アンタのオトコどんな変態趣味なの?」とか、
「最初は超ガード固くして、ある日突然淫乱になって迫ったら超エロイよ」とか。
こえー。こえーよ。オネーチャンこえー。

最後に個人的な話ですが、リー役のメアリー・エリザベス・ウィンステッドというオネーチャンが超ツボに嵌りマシタ。
チアガールってステキですよね。あとチアガールとかチアガールとかそれとチアガールとか。
別にそれ抜きにしてもすごく可愛いんですがね。
彼女の出番がイマイチ少なかったのがこの映画最大の不満です。

…チアガールか。
…うん、TSUTAYAもっかい行こうかな…。
ビックリしたので思わず連投。久しぶりに生で見れるかも。
2008年06月02日 (月) | 編集 |
向井氏のHPを見てたら、ライブ情報ページにて衝撃が。

7/13(日)、ZAZEN BOYS と EGO-WRAPPIN' が、

Zeep Sendai にてライブを行うとの事。

エゴ好き、ZAZEN好きはもう何を差し置いてでも行くしかないでしょうが。

詳しくは向井氏のHPを見るといいですよ。
@東京優駿&目黒記念&九州ダービー2008
2008年06月02日 (月) | 編集 |
今更ですが本当に馬を見る目がないですわね。
この日は岩手競馬や佐賀の九州ダービー、そして目黒記念とかなりの長丁場だったんですが、
なんと当たったのはガッチガチの目黒記念のみという体たらく。
負けた金額は大した事無いんですがね。
それでも結構凹みました。ハイ。
というわけでプレイバックしてみましょう。

・東京優駿

二着のスマイルジャックを消したのが全てでした。
桜花賞を勝った小牧の勢いを甘く見てたというか。
掲示板に載った馬は皆買ってたんですよ、コイツを除いて。
サクセスブロッケンもタケミカヅチもここに書いたモンテクリスエスも切ったまではよかったんですが。
サンスポのデータをもう少しよく見ておくべきでしたよ。
スマイルジャック最後の6頭までバッチリ残ってましたもん。はあ。
しかし変則二冠馬の誕生に史上二人目のダービー連覇と中々印象的な年になりましたね。

・目黒記念

本当にガッチガチになっちゃいましたね。今年の明け4歳馬は強いですわ。
僕も去年の時点ではレベル低いとか言ってたんですが、なんだかんだで大暴れしてますからね。
アルナスラインに勝って欲しかったんですが、まあホクトスルタンなら仕方が無いというか。
58キロ背負って惜しい二着なら上出来のレベルでしょう。
三着のロックドゥカンブもなかなかいい感じで走ってましたね。
秋戦線が今から楽しみになってきました。
アイポッパーは限界か?

・九州ダービー

名前忘れたけど12番の馬を抑えていただけに悔しいです。
組み合わせをもう少し熟考していれば…。

はあ。
春競馬ももう次の安田記念で終わっちゃいますよ。
今年の春も散々だったな…。
と後ろ向きになってもしょうがない。
ラストはビシッと決めますよ。決めたい。決めれれば。決めれるかな…。

コレを書く前に気分転換で借りてきたDVDを見ましたよ。
最近流行の海外ドラマでもなく、お涙頂戴の安いケータイ小説が原作の映画でもなく(ブタに喰わしとけ)、
古き良き時代の香港映画を。
そう。
『プロジェクトA』を。
超面白かったです。最高。
凝った映画もいいけどこういうシンプルでスカッとする映画はやっぱいいですね。
明日は007/ゴールドフィンガーを見ます。
ショーン・コネリー時代の。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。