去年あった良い事も悪い事もリセットして、今年を頑張って生きましょうぜ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラスヤサトシさんはとある場所で10年後の自分に手紙を書こうとしたら泣きながら辺りを徘徊するハメになったらしいが今僕もまさにそんな感じです。
2007年12月31日 (月) | 編集 |
今年を振り返ろうとしてもああもう時間が無いなぁ。
なんだろう、せめて12月にあった事だけでも書いとこう。

・男祭り。男の裸は見たくなかった。
・ケーキを喰いに行く。アイツと。
・中学の仲のいい奴らと忘年会。
・高校の野球部連中と飲む。
・リーダーに焼肉を奢ってもらう。
・烏賊刺しに当たって腹を尋常じゃない感じで壊す。
・ブライアン・セッツァー、リヴァース・クオモのアルバム、zazenのシングルを買う。ステキ。
・帰ってきたら兄の眼鏡のレンズが片方なくなってた。
・この大晦日だというのにガレージの柵を壊した誰かさんを手伝う。手伝った。ついさっきまで。
・カラオケに行くと必ず中森明菜を歌いたくなる。

割とどうでもいいことしか無かったですね。
とりあえず年越しの音楽はブライアン・セッツァーでいいです。
クラシックの名曲をこんな聞きやすくかつかっこよくアレンジした人を僕は知りません。
そしてもっと髪があったら一度でいいからあんな風にしてみたかったさ。

気づけば来年は年男ですか川崎さん。
まあどんな辛い事があってもね、浅野いにおのマンガ全部と『闇金ウシジマくん』を人生の教本にすれば、
大抵の事は乗り切れそうな気がしないでもないんですがどうでしょうか。
気のせいですかそーですか川崎さん。

というわけでね、最低の大晦日をグダグダと過ごしつつある僕ですが、
2008年もこんな感じでのんびりまったりぐったりと行きますんで。行きます。行く。

そいじゃあ皆さん、よいお年を。
目標?あーじゃあ明日書く明日。
スポンサーサイト
@東京大章典2007
2007年12月31日 (月) | 編集 |
なんとなく短くなってしまう気がします。
何故なら来年の砂界はヴァーミリアン一色になってしまうでしょうから。
そういう勝ち方でした。震えました。
『ダートのディープインパクト』はもはやカネヒキリではなくこの馬と言っても過言ではありません。
不安視されていたドロドロの不良馬場も全く問題ありませんでした。
直線で抜け出すと後はそのままの圧勝でしたからね。

他の馬にも奮起を促したいとこなんですが…。
JRA勢だとブルーコンコルドは高齢だし、シーキングザダイヤも往年の強さはないし、
メイショウトウコンは脚質が追い込みだから自分でレースを作れない弱みがあるし…。
今回出てないメンバーではフィールドルージュやサンライズバッカスあたりなんでしょうが…。
今後の成長にもよりますがちょっと勝てそうな馬は見当たりません。
南関東勢だと二着のフリオーソが最高でしたが…ちょっと差がつきすぎましたもんね。
アンパサンドやトップサバトンら高レベルといわれている明け四歳馬の巻き返しに期待するしかないでしょうね。

収支は見事にトントンでした。缶コーヒー買った分マイナスになった程度です。
でも個人的には有馬記念よりも夢がありましたね。
来年の活躍が目に見えるような勝ち方でしたから。
ドバイで名を轟かせ、ヴァーミリアン!
そんな感じ。

2008年もいいレースが見れたらいいなぁ。
クリスマスだ?テメーらがしたいのは体のどっかをコリコリコリコリすることだろーがぁぁぁぁぁぁ!!!!!マウスをクリクリクリクリしてる人はお幸せによい年をアデュー
2007年12月27日 (木) | 編集 |
結論から言うと今年の有馬記念ほど記憶に残らないレースは無いかもしれません。
そして今年のクリスマスほどどうでもいい過ごし方をした日は無かったかもしれません。
イヴも25日も完全に寝てましたからね。
気がついたら過ぎてました。
寝正月ならぬ寝クリスマスですよ。もう。
ケーキと鳥の丸焼き(兄がバイト先から貰ってきた)は美味かったのでよかったですが。

来年はアレですね、ちょっとしたネタをやってみたいですね。
知ってる人にこんなメールを送信するわけです。

『メリークリ○○ス!』

「セクハラで訴えますよ?」「まあ、ついに狂ったの?」「サンドウィッチマン面白かったよね」
などの批判や中傷が集中した後に

『正解はクリスエスでした。何想像してんだこのムッツリがぁぁぁぁ雪で己の黒さを隠せこの淫女が』

というメールを送るという。
これでも恋人や狙ってる人と食事中だったらテロ行為ですよね。
まあでも僕は多分来年も一人で過ごしているだろうし、テロリスト扱いされるのも本望ですよ。
傾(かぶ)いて死ぬなら本望ですよ。
『旦那、わしゃあこのまま死んでもいいわい』ですよ。
カップルなんか…おっと訂正、バカップルだけ死ねばいいのに。
すげえ人前でイチャこいてるヤツとか『今夜は寝かさないよセニョリータ』とかほざいてるバカね。
ブランド物で全身を固めて高級ホテルの一室でディナーとか言ってるやつらね。

『馬鹿はお前だ!』って?

その通りです。

ていうかそんなブランド物って皆ほしがるものなのかねえ?
全然詳しくないがシャネルとかプラダとかなんちゃらとか。
バッグに19万とか金かける人の気持ちが僕にはわかりません。

ま、それはさておき皆さん。
勝負下着や勝負服に身を包んだ皆さん。
交尾を済ませた皆さん。
彼氏彼女にサンタのコスプレをさせた皆さん。
特にコスプレに思い入れがないくせにコスプレをさせてすぐ脱がせた皆さん。
明石屋サンタを二人で見ながら「世の中にはかわいそうな人がいるね」とか言った皆さん。
『デスペラード』のアントニオ・ヴァンデラスのベッドシーンばりに燃えまくった皆さん。
ベッドをビッチョビチョにして朝になって若干引いた皆さん。
バカップルと本人は認めて無くても周りにそうみられているであろう皆さん。



メリークリスマスでした。
朝起きたら車のテールランプボッコボコにされてたらいいね☆



しかし僻みと妬みと嫉みで形成された文章は久しぶりだなあ。
妬みといえば吉田戦車の『伝染るんです』ってマンガで、
かわうそが「ねたみ」って書いた看板持って後ろをついてくるネタありましたよね。
来年のクリスマスは『伝染るんです』全巻読んでるかな。

『ま、人を呪わば穴二つ』ともいいますからね。この辺で止めとこ。
@有馬記念2007
2007年12月27日 (木) | 編集 |
時が経てばショックも薄れるかなと思いましたが、まだ悔しいですね。
まさか今年最後の大レースがあんな大荒れになるとは…。
こんな書き出しから解ると思いますが、文字通り撃沈しました。
しかも結果論とはいえ1、2着を両方とも切ってしまうと言う暴挙を下してしまいました。
もう悔しさ満点です。マックスです。サンライズマックス。
いや、違う。とにかく悔しい。
馬券が外れた意味でもレースがイマイチだった意味でも。

買い目は迷った挙げ句、いつもどおり6頭に絞って3連複のBOXで買う事にしまして。
『有馬はそんなに荒れない』というのが頭の片隅に在ったし、
なによりサムソン、ポップなどの人気どころが絶対ではない事がどうしても気になったので、
3連複軸一頭流しは危険な気がしたからです。
その予感はあってたんですが…。

もうね、蛯名のバッカ野郎って話ですよ。最終的には。
確かにメンツ的には買えないわけではないんですよ。
中山巧者のゴッホ、素質馬のスカーレット、引退レースとは言えまだまだ強いダイワメジャー。
でも僕が馬券に絡めたのはメジャーだけでした。
ゴッホは前走の大敗が気になり、中山が得意とはいえこのメンバーだと勝ち負けまでは…と思って切り。
スカーレットは強いとは言え三歳牝馬は94年のヒシアマゾン以来連対していないので、ちょっと厳しいかな、と。
そして『スカーレットは潰れてメジャーが来る』『その三歳牝馬のジンクスを破るのは他でもないウオッカ』という壮大なプラン…
というかただの夢物語ですよ。でした。
オッズ的に堅いほうが夢馬券じゃねーか何だコリャ。

人気馬の惨敗っぷりを見てると凹みますね。
サムソンもウオッカも見せ場なく馬群に沈み、超伏兵が大一番を制す。
『有馬記念はその年を象徴するレースになる』といいますが、なんともはや。
来年は競馬界も世の中もそしてこの僕もどうなってしまうのやら…。
何で最後の最後でこんな気が滅入ってくるんだろう。

まあでも終わった事は仕方が無い。
僕の中では本当の最後、東京大章典がまだ控えてますからね。
滅入るのはそれを外してからにしようと思います。
蛯名騎手とマツリダゴッホ、何はともあれ本当におめでとうございました。
@有馬記念2007直前予想
2007年12月21日 (金) | 編集 |
あービールうめー。梅酒もうめー。
何よりつまみのヤリイカとカツオうめー。
誰も誘う(もしくは誘ったら来てくれそうな)人がいないとね、酒でも呑むしかないすね。
それはさておき、いよいよ明後日は有馬記念ですよ。
ウチの兄のように普段は競馬やらん人もちょっとそわそわし始めてますからね。
僕も勿論例外ではないので、このそわそわつぷりを直前予想という形で表したいと思います。
なお、この予想を参考にして外しても僕は一切責任をとりませんので。

難しいですね。ディープのように抜けた馬がいないと本当難しいです。
んで枠順見た人はわかると思うんですが、なんとウオッカが大外16番になってしまったわけで。
有馬記念で大外に入った馬は連対はおろか掲示板にすら入っていないんです。
つまり外枠は圧倒的に不利なんです。
一部予想家は「そんなの関係ねえ」といろいろ言ってますが、正直厳しいですよね。
なんて運の無い馬なのでしょうか。個人的には不幸な女は好きなんですが。どうでもいいか。
ただ、シンボリクリスエスはその大外枠(その時は12番が大外)から勝ったんですよね。
ひょっとしたらウオッカがジンクスを破る可能性もあるかもしれませんが…。

予想を困難にする要素がもう一つ。
東京は土日雨予報が出てるんですよ。それも結構な確率の。
雨になると全く走れなくなる馬もいますし、末脚の切れ味が特徴の馬なんかは買えなくなるんです。
ですが。
それで切れたら苦労はいらねえんだよおおおおおおおおもう何だよ本当。
ああ本当頭が痛い。酒のせいも若干あるけど。

んで、それらを考慮した上で、今現在の僕の予想というか考えを書いてみます。
まとめきれていないので、どちらかというとメモ書きに近いかも。
現時点で軸になるのはメイショウサムソン、ポップロックで間違いないでしょう。
重馬場でもいける・血統・枠・客室から見ればよほどの事が無い限り三着以内には入るでしょう。絶対ではないですけど。

次いで挙げられるのがダイワメジャー、ダイワスカーレット、インティライミ、ロックドゥカンブ。
ダイワ兄妹は血統と距離が、インティは前走の凡走、ロックは経験不足がそれぞれ不安材料になるかと。
ダイワ兄妹はなんだかんだで強いですからね。距離の克服さえできればいいとこまで行くのでは。
インティは押さえ・穴馬に数えようと思ってましたが、雨予報でこの位置に持って来ました。
ロックは菊3着と何よりキネーン騎乗が気になるので。

押さえ・穴馬ではウオッカ、デルタブルース、マツリダゴッホ、コスモバルクそしてハイアーゲーム。
ウオッカはね、色々不安材料書いてきましたけどね、なんだかんだで外せませんよね。
デルタは重馬場なら差し・追い込みが不発で前残りも充分考えられるので。
ゴッホは秋天惨敗が気になりましたが中山得意と追い切りがよかったようなので言う事でここに。
バルクは半分ネタととっていただいても結構です(笑)
そして超大穴のハイアーゲーム。僕も今の所50%以上買う気はないんですが、ルメールが怖いので挙げときました。

名前が出なかった馬にも一応触れときましょう。
ドリ-ムパスポート…追い切りからまだ本調子ではない・重馬場は脚質的にどうか?
レゴラス…いやいや、条件馬て…。
サンツェッペリン…春の勢いはないしあってもこのメンツに囲まれたら…。
フサイチパンドラ…他の牝馬二頭に比べたら落ちるだろうし。あと今でも気になりますがなんでエルムS使ったんでしょうね?
チョウサン…G1で好走がないのと「良馬場でやりたい」発言があったが雨予報なので。

ぜんっぜん絞りきれてないんですが、
ここから当日の気配と馬体重・馬場の状況を加味して決めようと思います。
あと豆知識ですが、JC優勝場が出ていない時はある程度荒れるそうです。
それと牝馬はエアグルーブ(!)の三着が最高だそうです。
参考にまでどうぞ。

やっべードキドキして頭痛くなって眠くなってきたー
マラソンなんかでも必ずいますよね、最初だけとばして後半グズグズになるヤツ。夏休みの宿題を後半に一気にやるヤツも。工作と絵日記と天気がネックになったなー
2007年12月14日 (金) | 編集 |
一ヶ月以上競馬の事しか書いてないんですよ。気づいたら。
流石にこりゃいかんよね。しかも的中した時の馬券の写真なぞのっけてないわけだから、
見る人によっては「コイツ当たったとか言ってるけどウソじゃね?だってオレ外したものこんな荒れたレース」
とか思われてもおかしくはないんですよね。
これからも載せるつもりは無いですが。
それはともかくとして、そろそろ競馬以外の事もチョコチョコ書いてみます。


ビッグ掃除を何とか進めています。
今年は『いらないもの、使わないものを捨てよう』をテーマにしてるんですが、いざとなるとやはりためらいますね。
中学から高校までお世話になったカセットテープを捨てる時には流石に悩みましたね。結局捨てちゃいましたが。
あと当時の僕の音楽センスは最低最悪でした。ごく一部のテープを除き、ハンマーで叩き潰したくなりました。
それと高校までポスターの収集癖があって色々と集めてたんですが、見直したら貼りもしないし特に価値もないものばかりだったので、これも一部を除いて思い切って捨てたんですよ。
結構痛々しいものもありましたね。『ときメモ』のポスターとか。虹野さんとかね。ええ捨てられませんよ。だって今でも大好きだもの。
あとモーニング娘。のカレンダー(1999年度)もありましたね。兄が買ったやつですたしか。
誰か欲しい人ゆずりましょうか…いるわけないかそんな人。
ちょっと保存しようかとも思いましたが、邪魔なので来週アタマにゴミに出す事にします。
いやーそれにしても大クリーニング終わんないですねー。


昨日の話ですが、久しぶりに映画館で映画見に行きました。『SAW4』です。
相変わらずエグイしグロイんですが、色々と考えさせられるような作りの作品でした。
哲学的なメッセージも含まれているんですが、残虐シーンの方がよく取り上げられてるのは仕方がないんですかね。
ただ、殺されるヤツにはそれなりの理由がありますね。勿論それが正しい事とは言いませんが。
「殺人という罪が簡単に正当化されてしまう」事は、よく考えるとすごく怖い事なのではないか、と思ったり思わなかったり。
『1』から通して見る価値はあると思いますよ。
ただ独りで見るのと夜中に見るのはオススメしませんが。
あと、今回の処刑シーンのイチオシは『レイプ犯』と『幼児虐待夫婦』、『ヤク中』の三組です。
「おおっ、これは面白いな」と思いましたね。声を出さないよう指をかみながら見ましたが。
必見です。


まとめて書こうとすると絶対息切れみたいになって後半グダグダになっちゃいますね。
以後気をつけます。
そして一眠りしたらケーキを喰いに行きます。
血糖値など無視する方向で。
@朝日杯フューチュリティステークス
2007年12月11日 (火) | 編集 |
どうも、暫くと言っても年末までですが、二歳G1男と名乗らせていただきます。
何故ならこの難解なレースもバッチリと的中させてしまったからです。
先週と一緒の展開で、監督からメール来るまでは
「絶対当たらねーいや当たるわけないからもう家で寝てようそうしよう」
とか思ってたのに。監督、ありがとう。
この年末のいくばくかだけ天に、というか競馬の神様(not大川慶次郎)に愛されてる気がします。
こりゃ有馬も東京大章典も気張ってくしかないよね。ね。

今回は監督に何から何まで世話になりました。もう頭を向けて寝れません。
まず誘ってくれた事。いつもだけど車に乗せてってくれる事。
そして何より、2着レッツゴーキリシマの存在に気づかせてくれた事です。
最初はコイツを切ってアンカツのサブジェクトを買おうと思ったんですが、
データ上「外枠は不利」だったのと、監督の「そいつよか3番のがいいぜ」的な発言で決断したわけです。
あとはぶっちゃけ適当と言えば適当です。
監督が遅めにウチに来たのであんま見る暇が無かったのと、
前の晩に男祭りが行われて、その時の酒が残っていたせいであまり頭が働かなかったせいです。
男祭りは楽しかったからよかったんですが。いい体してるよね。皆。

それはさておき、どうも人気馬決着になるとは思えなかったんですよね。
有力どこのアポロドルチェは外枠だし、スズジュピターにしても全幅の信頼をおけるほどではないな、と。
なら三連複のBOXで人気どころと穴っぽいところをまとめて買いに行くか、となったんです。
(あとでオッズ見直したら穴馬は3番だけでしたけどね)
1番ゴスホークケンは各誌で素質馬だと評されていたのと、1/8の抽選を潜り抜けたという事です。
こういう馬は抽選で運を使い果たすか、その運がそのまま作用する(気がする)ので。
3番レッツゴーキリシマは前述の通りなので割愛。
あとは7番キャプテントゥーレ、9番スズジュピター、11番ヤマニンキングリー、14番アポロドルチェを人気上位で買いました。
朝日杯は基本的に上位人気馬で決まる事が多いので、どうしても外せませんでした。

その結果、三連複で24k弱という高配当を手にする事ができました。
1,2番人気が絡まないと跳ねるんですよねー。
レッツゴーキリシマもいい具合で人気薄だったし、文句の無いフィニッシュでした。
勝浦騎手はテレグノシス(マイルCS)以来のG1勝ちだそうです。
おめでとうございました、そして馬券的にもありがとうございました。

今週はお休みして、いよいよ来週は今年の締めくくりです。
そう、ザ・有馬記念です。
以前も書きましたが今年も豪華なメンバーが揃いますからね。
楽しみです。
溜まりに溜まった外れ馬券を捨てる(供養する)のも楽しみです。
@阪神ジュベナイルフィリーズ2007(言いづらい)
2007年12月05日 (水) | 編集 |
まずは「競馬場で待ってるよ」とメールをくれた川中嶋くん(仮名)にお礼を申し上げたい。
何せメールを貰うまでは100%行くつもりはありませんでしたからね。
理由としては「当日雨が降っていた」
「監督が休日出勤のため車で行けない」
「何より二歳馬のしかも牝馬のレースなんて全然わかんねーし荒れるし」
「連チャン止まらねー」などが挙げられます。
最後のはウソですが。
まあ去年一昨年と買っていなかったものの、予想してみたらボロボロだったんですね。
なのでもう家で寝る気満々だったんですが、前述のメールの為に競馬場に行く事にしたんです。

んでね、いつも僕は東スポ買って競馬場に行くんですよ。
「何、清水はまたウオッカ?あーじゃあこねえなだって最近当たってねえもん清水は」
みたいな事を思いながらいつも予想してるわけです。
んで馬券買ったらプロレス欄と『男セン』を読んで出走まで時間を潰すんです。
「男センって何ですか?」って思った方は東スポを立ち読みして下さい。男女問わず。
まあいいや、でいつものように東スポを買おうとしたら、売り切れてたんです。サンクスで。
仕方ないから以前まで毎回買ってたサンスポを買ってったんですよ。

日曜は盛岡は結構な雨だったので、競馬場に着く頃はカブも僕もビチョビチョでした。
中に入り震えながら新聞を広げてみたものの、案の定全くわっかんねえ。
だって普通に一戦一勝の馬もいればもう八戦くらいしてる馬もいるんですよ?
データも当てにならないし予想家の印もこれでもかってくらい散らばってましたし。
とりあえず極端に体重が減ってる馬、イレ込んでる馬を外して悩みまくってましたが、
もうラチがあかないので一番紛れが少ないであろう三連複の6頭BOXで買うことに決め、
ギリギリまで悩んでトールポピー、レーヴダムール、エイムアットビップ、オディール、シャランジュ、アロマキャンドルの6頭に決めました。
これが結果的にはアロマ以外の5頭が全て掲示板に入るというまさに会心の一撃でした。
三連複でも13000円という高配当でしたよ。いやラッキーでした。絵に描いたようなラッキー。

それぞれ買った理由なんですが、
一着トールポピーは池添騎手が複数いた騎乗馬の中からコイツを選んだから。牡馬相手にいいレースをしていたのも好材料でした。
二着レーヴダムールは調教がバツグンに良かったのと、サンスポの穴馬予想家と清水の狙いが被ったからです。一発ありそうだな、という匂いがしました。あとは父がファルブラヴだったから。
三着エイムアットビップは福永がこのレースと相性がいいのとファンタジーS二着の実績、そして逃げ馬という事で買いました。
四着オディールはファンタジーS勝ち馬だったから。でもアンカツそろそろコケるかな、とは思ってました。距離延長も微妙っぽかったし。
五着シャランジュとアロマキャンドル(着順忘れた)はなんとなくです。
人気薄で3着くらいに突っ込んできそうな馬を絞ったらこの二頭になりました。
成長度にもよるでしょうが、桜戦線は今の所今回の上位馬で争われると見ていいでしょう。
結構レベル高そうなレースになりそうで楽しみです。

何度でも言いますが、川中嶋(仮名)くんのおかげで期せずして軍資金ができました。ありがとう。
なので有馬の前にもう一戦挑む事にします。一叩きしてから有馬に挑む事にします。
てなわけで次は朝日杯フューチュリティステークス。
言いづらい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。