去年あった良い事も悪い事もリセットして、今年を頑張って生きましょうぜ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

@秋華賞2007
2007年10月17日 (水) | 編集 |
ダイワは何か好きになれないんですよね。

というある種の暴言から反省を始めてみますが、
ダイワスカーレットもそうなんですがダイワメジャーもそんなに好きじゃないんですよね。
僕は某有名競馬マンガの影響を多分に受けているので、
差し・追込馬がすごく好きなんですよ。
『さあ直線で○○やってきた、一気にごぼう抜きだーーーー!!!』みたいな馬が。
わかりやすいし何より派手ですからね。
対して、先行馬はそんなに好きじゃないんです。
なんか『あ、いつの間にか勝ってるな』感が嫌いなんですよ。
逃げ馬や差し馬に比べるとどうしても勝ち方が地味なんですよ。
『○○、先頭集団から抜け出して持ったままゴールインーーー!!!』、みたいなやつ。

そういうわけで、本命をウオツカにしたんですよ。
ベッラレイアも差し馬ですが、何しろウオッカさんはダービー馬ですから。
休み明けだけどそんなの関係ねえってなもんですよ。
大いに関係ありましたけどね。
というかダイワスカーレットの強さ、調教の順調さを素直に認めろって話でしたね。
先行馬がラスト3ハロンで33秒9て。
そりゃ差し・追込勢はどんなに良い足持ってても届かないですわ。
しかもウオッカもベッラレイアもかなり後ろの方に位置してましたし。
何より二着のレインダンスを買えなかった事が悔やまれます。
下手な穴馬よりよっぽど買えたのになあああ。
ちなみに買った穴馬の皆さんは全員撃沈してました。
欲かくとロクな事ないですね本当。

さ、切り替えて次は菊花賞。荒れそうだな…。
去年のソングオブウインド的な馬は現れるのでしょうか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。