去年あった良い事も悪い事もリセットして、今年を頑張って生きましょうぜ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

@東京優駿2007
2007年05月30日 (水) | 編集 |
今年は女(というか雌)が強い世代ですかね。
ウォッカつーか魚塚さん強かったですね。

それに比べて男(というか牡)は実に情けないですね。
タイムだけ見るとですよ、一週前のオークスの勝ちタイムが2分24秒5なんですが、
これはなんと今年のダービーの三着と同タイムなんですよ。
つことは、もしオークス一着のロープデコルデと同レースを回避したダイワスカーレットが出ていたら、
一着から三着までが牝馬で締められていた可能性もあるわけですよ。
もちろんただの結果論ではありますが。

どうも今年の牡馬には期待しないほうが良さげですね。
どうせ菊花賞も荒れるんだろうしさ。
ホウオーにもヴィクトリーにもがっかりさせられるわ、
アドマイヤオーラはレース後骨折するわ、
アサクサキングスが無駄に爆走するわ、
今後の希望が何一つ見えてこないレースでしたよ。

でも魚塚ゆまさんっていうかウォッカは素直に本当におめでとうございますとだけ言いたい。
確実に競馬史に名を残したわけですからね。たいしたもんだ。
凱旋門賞も獲れたら…すっげえだろうなぁ。
でもじゃあ何で桜花賞負けちゃったんでしょうね?

次回は春戦線のラスト、安田記念。
ま、獲れる気は限りなく0に近いですけどね。

追伸
松っちゃんまたメシ行こう。
出来れば競馬も。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。