去年あった良い事も悪い事もリセットして、今年を頑張って生きましょうぜ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺と貴様はKANKEI無い
2005年09月30日 (金) | 編集 |
俺が使用している英作文の問題集に

こんな問題があった。

「賢人に言わせれば、愚人だけが恋に急いでしまうらしい」

“Wise man say that only fools rush into love.”

この英文を見た時、

ZAZEN BOYSの『半透明少女関係』という曲を思い出した。

誰かと繋がりを持たないと生きていけないという少女は、

次々と男を鞍替えして関係欲求を満たそうとするのだが、

それでも満たされないそれを抱えながら今日も夕暮れの街で交渉する。

そんな感じの歌詞である(違うべという方、ご指摘下さい)。

人は、確かに誰かと繋がりを持たないと生きてはいけない。

が、果たしてその繋がりとは肉体的なものなのか、それとも精神的なものなのか?

そこは個人個人で違うんだろうけど。

でもまあ、俺は「肉体的な繋がりが無きゃ生きていけない」って人を見てみたいね。

そんなに KANKEI 持ちたい ですか?
スポンサーサイト
餃子を食うと『ドロヘドロ』が見たくなる
2005年09月30日 (金) | 編集 |
HAWAIIAN6の『EVERYBODY HAS THE DEVIL ON THE INSIDE』と
『A CROSS OF SADNESS』が耳から離れません。
原チャに乗るとこれを必ず歌うというか叫んでしまいます。今日も。
誰か助けて下さい。でも放置してもいいです。いや寧ろ放置で。

今日は、とある友人に相談に乗ってもらいました。
最近進路のことについて一人で悩みまくっていたため、
非常にありがたかったですよ。
悩みを打ち明けられる人がいるってのはいいもんですね。
思えば3年間助けられっぱなしです。俺としては。
本当いつも迷惑ばかりかけて申し訳ないです。
そのうち、いや必ずメシでもおごりますので。

さて、夜はとある後輩からありがたく頂戴した餃子のタダ券を活用すべく、
コウさんとラーメン屋に行きました。
俺と彼はかれこれ十数年の付き合いになる訳で、
今日も互いに暴言や馬鹿話に花を咲かせながら店へと向かいました。
店に入り、ラーメンと餃子を注文したのですが、
正直全部使わなくてもよかったかな、と。
実は店に向かう車内で、こんな会話が繰り広げられていました。

俺「餃子5人前か…。一皿5個として…25個だな」
コウ「あー、一個余るね、均等に分けたら」
俺「争いなんか起こらんよな?『アンタ食べなさいよ』とか」
コウ「起こらないだろ。そんで『いや、アンタこそ食べなさいよ』ってな」
俺「『いいから喰えっつってんだろ』ってな」
コウ「『喰わないっつってんだろが』みたいな」
俺、コウ「んなベタなことはねえよなぁw」

…。ええ、起こりましたよ。上の会話まるっきりそのまんま。
ベタベタです。実にベタベタです。ハイ。
正直、餃子の印象しか残りませんでした。
とはいえ、まあまあ楽しい時間を過ごせたと思います。
券くれてありがとう。
何かお礼を考えておきますので。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。